福島で労務・助成金・障害年金サポート ファーリア社労士法人

私たち社会保険労務士ができることは、皆様が、企業として、また、個人として社会で輝くためのサポートです。

HOME ≫ 障害年金サポート料金 ≫

障害年金申請のサポート料金

お問い合わせからの流れ
ファーリア社会保険労務士法人に障害年金申請の代行をご依頼頂いた場合の費用を動画で説明しています!
是非参考にしてみてください!
トータルサポート料金(税込)

障害年金裁定請求サポート【着手金は無料です】

報酬は次のうち、最も高い額を障害年金のお受け取り後にお支払いください。
障害年金が受け取れなかった場合、報酬はいただきません。
  1. 決定年金額(加算分を含む)の2.2か月相当分
  2. 遡及支給がある場合は1に加え、遡及額の11%
  3. 110,000円
特記事項
  • お申込み時に「預り金」として2万円お振込いただきます。通信費や病院への証明書依頼等の諸経費として活用させていただき、手続き終了後に未使用額は報酬額との相殺もしくは全額返金いたします
  • 診断書等書類代医師の診断書等の請求に必要な書類代は、お客様負担となります。
  • 遡及支給がある場合は、裁定請求提出月分までを遡及額として計算を行います。
  • 決定が障害手当金の場合は一時金の11%
  • 神経症及び違法薬物後遺症、その他状況によって難易度が高いと判断される場合にはその難易度に合わせて2.2万円~の着手金をお見積りの上ご請求させて頂く場合があります。

審査請求サポート【着手金110,000円】

報酬は次のうち、最も高い額を障害年金のお受け取り後にお支払いください。
障害年金が受け取れなかった場合、報酬はいただきません。
  1. 決定年金額の3.3か月相当分
  2. 遡及支給がある場合は1に加え、遡及額の16.5%
  3. 165,000円
特記事項
  • 診断書等書類代医師の診断書等の請求に必要な書類代は、お客様負担となります。
  • 障害年金裁定請求サポートからご依頼いただいた結果、不支給決定となった場合に継続して審査請求を行う場合には着手金は不要です。また、審査請求の結果、決定が覆った場合にも報酬額は障害年金裁定請求サポートの金額で計算を行います。

再審査請求サポート【着手金110,000円】

報酬は次のうち、最も高い額を障害年金のお受け取り後にお支払いください。
障害年金が受け取れなかった場合、報酬はいただきません。
  1. 決定年金額の3.3か月相当分
  2. 遡及支給がある場合は1に加え、遡及額の16.5%
  3. 165,000円
特記事項
  • 診断書等書類代医師の診断書等の請求に必要な書類代は、お客様負担となります。
  • 障害年金裁定請求サポートからご依頼いただいた結果、不支給決定となった場合に継続して再審査請求まで行う場合には着手金は不要です。また、再審査請求の結果、決定が覆った場合にも報酬額は障害年金裁定請求サポートの金額で計算を行います。

更新審査サポート【着手金11,000円】

※初回の裁定請求サポートをご依頼いただいている場合等は着手金は不要です。
報酬は次のうち、最も高い額を障害年金のお受け取り後にお支払いください。
障害年金が受け取れなかった場合、報酬はいただきません。
更新からの初めてご依頼を頂く場合
  1. 決定年金額の1.1か月相当分
  2. 55,000円
初回の申請サポートをご依頼いただいている場合等
  1. 33,000円
特記事項
  • 診断書等書類代医師の診断書等の請求に必要な書類代は、お客様負担となります。
  • 申請の結果、不支給決定や下位等級への変更となった場合で審査請求をご希望される場合には裁定請求サポートの料金に準じます。ただし、着手金については不要となります。

額改定請求サポート【着手金は無料です】

報酬は次のうち、最も高い額を障害年金のお受け取り後にお支払いください。
障害年金の額改定が行われなかった場合、報酬はいただきません。
  1. 決定年金額(加算分を含む)の2.2か月相当分
  2. 110,000円
特記事項
  • お申込み時に「預り金」として2万円お振込いただきます。通信費や病院への証明書依頼等の諸経費として活用させていただき、手続き終了後に未使用額は報酬額との相殺もしくは全額返金いたします
  • 診断書等書類代医師の診断書等の請求に必要な書類代は、お客様負担となります。
その他特記事項
  • すべて税込となります。
  • 原則として追加費用はかかりません。
    ただし、病院同行などに関するサポートをさせていただく場合は日当が発生する場合がございます。
    その他理由により費用が発生する場合でも事前にご説明させていただきますので、安心してご相談ください。
お問い合わせはこちら
スポット料金(税込)
相談料 初回無料
(2回目以降5,500円/30分)
特記事項
  • 出張相談の場合、往復交通費の実費を頂戴する場合があります。
  • 相談料をいただく場合でも事前のご説明なしに相談料の請求を行うことはございません。
     
申請書類の確認のみ 33,000円
 
ご自身で申請を行われる際に、申請書類一式のチェックを行わせていただき、アドバイスをさせていただきます。
 
年金記録の確認のみ 3,300円
 
年金記録の確認作業のみのご依頼が可能です。中々年金事務所の予約が取れない、年金事務所に行く時間が取れない場合などにご活用ください。

年金記録確認の代行のご依頼についての詳細はこちらから

病歴就労状況等申立書の作成のみ依頼も可能です【33,000円~】

病歴就労状況等申立書の作成の相談、ご依頼についての詳細はこちらから
その他特記事項
  • すべて税込となります。
  • ご相談の内容によっては、追加費用が発生する場合もあります。
    費用が発生する場合には事前にご説明させていただきますので、安心してご相談ください。
  • スポットでのご依頼は全て前払いとなります。
お問い合わせはこちら

無料相談会を実施中 ご希望の日時をご連絡ください!

ファーリア社会保険労務士法人では障害年金申請でお悩みやお困りの皆さんを対象に無料相談会をご希望の日時に合わせて随時開催しております。

申請が難しい、自分も該当するのか分からない・・・等、お気軽にご相談ください。

ZOOMやLINEを活用したオンライン相談も対応しております。
⇨オンライン相談についてはこちら

対面相談にハードルがある場合には電話やLINEでのご相談も可能です。


ぜひ一度お問い合わせください!

LINE 問い合わせ 障害年金相談

お問い合わせはこちら

お問い合わせからの流れ

お問い合わせからの流れ

無料相談

1.お問い合わせ
1.電話、メール、公式ラインアカウント等からお問い合わせ
2.無料相談の日時をお打合せ
2.無料相談にてご面談
1.病歴、病状等のヒアリング
2.受給可能性の検討
3.委任状の作成(年金記録の確認の際に使用いたします)
ご用意いただきたいもの
  • 年金の加入記録のわかる書類(年金手帳やねんきん定期便など)
  • 診断書や受診状況証明書(すでに取得している場合)
  • 受診していた病院(複数あればすべて)の診断書やお薬手帳など病院の記録
  • 障害者手帳、交通事故証明書、労災の事故証明、事業所の健康診断の記録など
  • 認め印
 
ここまでが無料相談の範囲となります
S__364462342
 

有料相談

3.年金記録の確認
1.年金事務所での年金記録調査
2.申請方法の検討
※記録確認実施の結果保険料納付要件を満たさないことが判明した場合、請求作業を終了させて頂く場合がございます。
4.病院への確認・依頼
1.初診の確認、証明書の取得
2.診断書記入用資料の作成
3.医師への診断書の作成依頼※1
5.病歴・就労状況等申立書の作成
S__364462542 1.受信履歴と治療経過の整理
2.記入ポイントの検討
3.病歴申立書の作成
6.申請書類の準備
1.戸籍、住民票などの取得※2
2.申請書の作成
3.申請書類の最終チェック
7.請求手続き
1.申請書類の提出
2.申請後の問い合わせへの対応
8.障害年金の支給決定
インク 年金証書 年金証書の受取後、当事務所へ連絡
9.報酬の支払
S__364462362 不支給決定の場合、報酬は発生いたしません。
特記事項

※1 ※2
お客様にはこの2つの手続きをお願いいたします。

もちろん、医療機関とのやり取りにおけるサポート、アドバイスも行います。
あとは全てお任せください。
必要に応じて医師への依頼や病院同行(有料となる場合があります)もいたします。

~精神疾患でお悩みのあなたへ~ あなただけではありません

障害年金を受給されている方は全国で約276万人もいらっしゃいます。

そのうち、およそ6割の方が精神的な病気や知的障害で障害年金を受給されています。

悩んでいるのはあなただけではありません。

一人で悩まないで少しお話してみませんか?

当事務所のサービスについてご紹介しています。
是非一度ご覧ください。

精神疾患での障害年金 受給見込み無料判定

精神のご病気で仕事や生活への不安を抱える中、ご自身も障害年金の対象となるのか、疑問やご不明な点も多いかと思います。

そんな皆様の不安解消のため、精神疾患による障害年金の受給見込みの無料判定を行っております。

無料診断はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問
  • 初回の相談は本当に無料ですか?
  • はい、無料です。お気軽にご相談ください。
    尚、面談やオンライン相談をご希望の場合は予約制となります。
    お電話でのご相談では、場合によってはその場での時間の確保ができない場合もございますが、その際には別途調整の上ご相談をお受けいたします。
  • 着手金は無料なのに最初に費用支払が必要なのですか?
  • 当事務所では、ご依頼の際に「預り金」として2万円のお振込みをお願いしています。

    「預り金」とは証明書作成料、通信費や各種手数料など、ご依頼者様に実費としてご負担頂く費用の支払いのために使用させていただくものです。

    未使用の残額につきましては最終的に報酬との相殺もしくは全額返金いたします。尚、不足がある場合には追加のお支払いをお願いする場合もございます。

    預かり金から使用した金額の内訳については一覧にしてご報告致します。

  • 着手金や事務手数料が必要と記載されている事務所も多いですが何が違うのですか?
  • 着手金とは、申請手続きを開始する手数料として、お客様から社労士事務所にお支払い頂くお金です。
    「着手金」と聞くと印象が悪いため、「事務手数料」と表記している事務所も多くみられますが、着手金や事務手数料は支給・不支給に関わらず返金はされませんので、どちらであっても特に違いがないことが一般的です。
    当事務所では、審査請求や再審査請求からのご依頼や、難易度が高いと判断される請求の場合に着手金をお願いしております。