福島で労務・助成金・障害年金サポート ファーリア社労士事務所

私たち社会保険労務士ができることは、皆様が、企業として、また、個人として社会で輝くためのサポートです。

HOMEお知らせ2020年 ≫ 8月 ≫

2020年8月の記事:ブログページ

雇用調整助成金等の特例措置等が令和2年12月末まで延長に

(令和2年8月28日、厚生労働省公表)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に配慮し、雇用調整助成金の上限額引上げや特例期間の延長など様々な拡充を行ってきました。

さらなる対応として、雇用調整助成金の特例措置及び緊急雇用安定助成金の新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金は、9月30日までとされていましたが、令和2年12月末まで延長することが公表されました。

今後、感染防止策と社会経済活動の両立が図られる中で、休業者数・失業者数が急増するなど雇用情勢が大きく悪化しない限りは、雇用調整助成金の特例措置等は、段階的に縮減を行っていく予定とのことです。

 

しばらくは現状の水準が維持されそうですが、今後の特例の内容の変化についても注目していく必要がありそうです。



【詳しくはこちら】※厚生労働省HP
雇用調整助成金の特例措置等を延長します
雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)
2020年08月31日 10:02

会社を元気にする!!使いやすい『助成金』活用セミナーを開催しました

8月28日(金)、コラッセふくしまにて「会社を元気にする!!使いやすい『助成金』活用セミナー」を開催いたしました!
 
9名の方にお申し込みを頂いての開催となりました。
 
これから助成金の活用を検討されている方や、既に助成金を活用しているが他にどんな助成金があるのか学びたいという企業の方々など幅広くご参加いただき、皆様熱心に聴いて頂いていました!
 
少しでも参加者の皆様のお役に立てていれば光栄です。
 
今後も、役立つセミナーの開催を検討して参りますので、ぜひご参加ください。
2020年08月29日 13:17

厚生年金保険の令和2年9月分~保険料額表が公表されました

(令和2年8月25日、日本年金機構公表)

日本年金機構より令和2年9月(10月納付分)から厚生年金保険の標準報酬月額の上限が変更となる予定であることが公表されていましたが、これを反映した厚生年金保険の保険料額表が日本年金機構から公表されました。

 

具体的な変更内容は以下の通りです
 

現行の最高等級(厚生年金保険)
第31級 620,000円(605,000円以上)

改定後の最高等級(厚生年金保険)
第32級 650,000円(635,000円以上)


上限改定に伴い、該当者のいる事業者に対しては「標準報酬改定通知書」が送られることおなっており、今回の改定に伴う手続きは不要となっています。

 



【詳しくはこちら】
保険料額表(令和2年9月分~)(厚生年金保険と協会けんぽ管掌の健康保険)

一般・坑内員・船員の被保険者の方(PDF)
厚生年金基金に加入する一般・坑内員の被保険者の方(PDF)
2020年08月27日 09:03

会社を元気にする!!使いやすい『助成金』活用セミナーのお知らせ

使いやすい助成金セミナーチラシ 
福島の中小企業や個人事業主の皆様

雇用関係助成金の活用はされていますか?


企業経営は「ヒト」「モノ」「カネ」(人材・設備・資金)といわれています。
それらの経営資源を充実させる助成金が厚生労働省から数多く提供されています。
そのほとんどは業種を問わず活用できるものです。
しかしながら、「よくわからない」「手続きが面倒だ」などの理由により多くの企業で活用されていないのが現状です。


このセミナーでは厚生労働省の雇用関係の助成金の中で使い勝手の良いものを取り上げてご紹介いたします!


【このセミナーを受講していただくと】

・「新型コロナウイルスの影響を受けた企業」に役立つ助成金
・「処遇改善/中途採用拡大」の助成金
・「子育てなどの両立支援」に役立つ助成金
・「働き方改革・人材確保」の助成金
・「人材育成」に役立つ助成金

             
 使いやすい『助成金』がすべて分かります!

【講師プロフィール】

菅野 峻太
 社会保険労務士
 ファーリア社会保険労務士事務所代表


【日時】

8月28日(金)18:00~20:00


【参加料金】
 
無料


【場所】

コラッセふくしま6F インキュベートルーム内
福島市三河南町1-20
アクセス:JR福島駅西口より徒歩3分


【定員10名】


【申込方法】

以下のお申込みフォームからお願いします。



Facebookイベントページ

参加お申込みフォーム
2020年08月26日 06:04

雇用調整助成金等の支給申請期限が9月30日まで延長に

(令和2年8月25日、厚生労働省公表)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に配慮し、雇用調整助成金の上限額引上げや特例期間の延長など様々な拡充を行ってきました。

雇用調整助成金及び緊急雇用安定助成金の支給申請期限は、通常は、判定基礎期間の末日の翌日から起算して2か月以内に支給申請を行う必要があります。

今回は特例により、令和2年1月24日から5月31日までに判定基礎期間の初日がある休業については8月31日が支給申請期限となっておりましたが、その期間が令和2年9月30日まで延長されることになりました。


 

今回の延長による雇用調整助成金の申請期限は次のとおりです。
 

・「支給対象期間」の最終日の翌日から起算して2ヶ月以内(※)
・判定基礎期間の初日が令和2年1月24日~令和1年6月30日までの申請期限は、特例により令和2年9月30日

※判定基礎期間を令和2年7月1日から(基礎期間の最終日が6月30日)とした場合も申請期限は令和2年9月30日となります。

6月30日までに休業等を行い、雇用調整助成金等の活用を検討している事業主の方は、お早めにハローワークもしくは社会保険労務士へご相談ください。 



【詳しくはこちら】※厚生労働省HP
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主に対する雇用調整助成金の申請期限を延長しました
雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)
2020年08月25日 22:49

雇用調整助成金等オンライン受付システムが運用再開

(令和2年8月24日、厚生労働省公表)


 

令和2年6月5日以降に運用が停止されていた、厚生労働省職業安定局所管の雇用調整助成金等オンライン受付システムが、令和2年8月25日(火)12時から運用を再開する予定であると、厚生労働省よりお知らせがありました

システムのURL(https://kochokin.hellowork.mhlw.go.jp/prweb/shinsei/)に変更はないとの事です。

これから申請される事業者様は利用を検討してみましょう。



【詳しくはこちら】※厚生労働省HP
雇用調整助成金等オンライン受付システムの運用再開について
雇用調整助成金等オンライン受付システムについて(リーフレット)

2020年08月25日 08:30

令和元年度の男性の育児休業取得率は過去最高の7.48%

育児休業取得率の推移

※令和元年度雇用均等基本調査より

(令和2年7月31日、厚生労働省公表)

厚生労働省より、令和元年度雇用均等基本調査が公表されました。
 

令和元年度の調査では、管理職に占める女性割合や育児休業制度や介護休業制度の利用状況などについて調査が行われています。

今回は、育児休業取得者の割合に注目いたします。


育児休業取得者の割合〔育児休業取得率〕
 女性 : 83.0%  0.8%⇧(平成 30 年度 82.2%)
 男性 : 7.48%  1.32%⇧(平成 30 年度 6.16%)


少子化社会対策大綱において、男性の育児休業取得率「2025年に30%」という目標を掲げていますが、まだまだ遠い結果となっています。

今後、目標達成に向けて新たな制度作りが行われることが予想されます。

また、当事務所では両立支援助成金を活用した育児休業の取得促進支援を行っております。
出産予定の従業員様やその配偶者様がいらっしゃる場合は、お気軽にお問い合わせください。



【詳しくはこちら】
令和元年度雇用均等基本調査:調査の概要
「令和元年度雇用均等基本調査」の結果概要(PDF)
2020年08月23日 18:30

雇用調整助成金と特定求職者雇用開発助成金は併給できません

厚生労働省では雇用関係の様々な助成金事業を行っており、その財源は事業主の皆様からの労働保険料から支出されております。
そのため、当事務所では要件に該当する場合は、ご活用をおすすめさせていただいております。

注意点として、助成金には支給にそれぞれの趣旨が決められています。

例えは、

雇用調整助成金➪「雇用の維持」
キャリアアップ助成金➪「処遇改善」    等です。


たくさんの助成金があるために、この「趣旨」が重複している助成金が複数あり、その場合には「併給調整」すなわち、とちらか一方しか受給することが出来ません。


最近では新型コロナウイルス感染症の影響に雇用調整助成金を活用されている事業者様も多いかと思われますが、この併給調整を知らずに申請してしまい、返還手続きなどが必要になっているケースが見られます。

特に「特定求職者雇用開発助成金」「雇用調整助成金」を両方申請してしまっているケースが多く見られますので、ご注意ください。


「特定求職者雇用開発助成金」とは


特定求職者雇用開発助成金は高年齢者、障害者、母子家庭の母などの就職困難者を、ハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、助成金が支給されるものです。

これは対象労働者に支払われた賃金の一部を補填する助成金ですので、休業中の人件費を補填する雇用調整助成金の制度趣旨が重複してしまうため、併給することが出来ないということになります。

もし、休業対象者に特定求職者雇用開発助成金を申請中の従業員様がいる場合には、助成額を比較して、有利な方のみを申請していく対応が必要になりますのでご注意ください。


その他助成金の併給調整についても、雇用関係助成金の併給調整一覧表をご参照ください。
ご不安・ご不明点などございましたら、お気軽にご相談ください。



【詳しくはこちら】
雇用関係助成金併給調整一覧表
特定求職者雇用開発助成金
2020年08月21日 10:12

【福島県】令和2年度の最低賃金改正額が発表されています

(令和2年8月6日、福島労働局発表)

福島地方最低賃金審議会は、福島県最低賃金(時給額)について
800円(現行の798円から2円引上げ)を同審議会の意見とすることを決定し、福島労働局に答申を行いました。

この答申を受け、福島労働局は諸手続や決定・公示などの手続を経て、福島県の最低賃金の改正を行うとのことです。

新たな最低賃金の発効日は、「令和2年10月2日」の予定となっています。


※最低賃金は、社員、臨時、パートタイマーやアルバイト等の名称にかかわらず、県内の事業所で働く全ての労働者に適用されるものです。


 県内では最低時給を800円とされている事業者様が多いと思われますので、影響は少ないと思いますが、改めて、事業所内の賃金が最低賃金を満たしているのかを確認するようにしましょう。


【詳しくはこちら】※福島労働局HP
福島県最低賃金(時間額)を800円(+2円)に引上げ~福島地方最低賃金審議会、福島労働局長に答申~
福島県最低賃金(時間額)を800円(+2円)に引上げ
2020年08月20日 11:05

【締切要確認】雇用調整助成金の支給申請期限は8月31日まで

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に配慮し、雇用調整助成金の上限額引上げや特例期間の延長など様々な拡充を行ってきました。

特例期間が年内まで延長を検討しているとのことですが、休業期間によっては8月31日が支給申請期限となる場合がありますので、申請を検討されている事業者様は、これから申請予定の休業期間について、申請期限をよく確認するようにしましょう。


 

雇用調整助成金の申請期限は次のとおりです。
 

・「支給対象期間」の最終日の翌日から起算して2ヶ月以内
・判定基礎期間の初日が令和2年1月24日~令和1年5月31日までの申請期限は、特例により令和2年8月31日

つまり、判定基礎期間を令和2年6月1日から(基礎期間の最終日が6月30日)とした場合も申請期限は令和2年8月31日となります。


申請期限を特例期間(現在は9月30日まで)と誤認している事業者様が見られますので、自社の申請の状況を良く確認するようにしてください。



【詳しくはこちら】※厚生労働省HP
雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)
2020年08月18日 09:03